【萩乃露・福井弥平商店】 創業266年、伝統と革新が融合する蔵

▼琵琶湖の北西に位置する滋賀県高島市。雄大な自然が広がるこの土地に寛延年間(江戸中期)創業の「福井弥平商店」があります。伝統の中にも日々技術を磨き、酒質を向上されている蔵。時代の流れを汲んだ商品を次々と考案し、現在では年...

【蒼空・藤岡酒造】ゼロからの再スタート!丁寧な造りで究極の質を求める藤岡酒造!

▼京都の酒処、伏見で一旦は酒造りに幕を降ろしたものの、平成14(2002)年に見事に復活された蔵があります。その名は『蒼空』の銘柄で知られる「藤岡酒造」。最盛期には普通酒を中心に8,000石(144万L)を造られていたそ...

【富翁・北川本家】 伝統と革新を支える、蔵人の時代感覚と挑戦心

▼江戸・明暦3(1657)年創業、「富翁(とみおう)」ブランドで360年に渡って伏見の酒造文化を牽引してきた「北川本家」。伏見でも歴史ある酒蔵で、その伝統をひたすらに守り続けてきました。また「食中酒」として京都の食文化と...

【松井酒造】 伝統と最新機器を組み合わせ うまい酒に挑戦する、京の酒蔵

▼享保11(1726)年に但馬国城崎郡香住(現・兵庫県香住町)で創業。幕末に京都市中心部へ移転し、洛中で最古の歴史を持つ蔵元とされています。伝統技術を守る一方で、最新技術も導入し、時代の進歩と共に酒造りも進歩してきました...

【美冨久・美冨久酒造】【祝】創業100周年!次の100年を見据えた酒文化を創造する美冨久酒造

▼かつては水口岡山城と水口城、2つの城の城下町として、また東海道の宿場町として栄えた滋賀県甲賀市水口にある「美冨久(みふく)酒造」。この蔵では1917(大正6)年の創業時から受け継がれた山廃仕込み*を大切に守り続けていま...

【神開・藤本酒造】 テーマは原点回帰!濃醇旨口なお酒を追求し続ける藤本酒造!

▼滋賀県甲賀市水口町という地名の通り、水源が豊富な地域にある「藤本酒造」。1763年の創業当初、近くにある山村神社のご神託を奉じて井戸を掘ったところ、地域の中でも特に良質な湧き水が出たそう。以来250年以上に渡って濃醇旨...

【美吉野醸造株式会社】吉野杉に包まれ、酒母造りにこだわる「美吉野醸造」蔵見学レポート!

▼SAKE Spring 2017 でも好評を博した「美吉野醸造」の日本酒。「花巴(はなともえ)」や「百年杉」など奈良県吉野の酒蔵だからこそ出来る酒造りに取り組まれています。 どういった環境で酒造りをしているのか、具体...

【松本酒造】これぞ京都、これぞ伏見の酒 風格と気品にあふれる華麗な酒

▼初代松本治兵衛により寛政3(1791)年、東山の八坂弓矢町にて商号を「澤屋」として創業。大正12(1923)年に名水を求めて、現地の伏見に酒造場を増設しました。川べりに並ぶ木造の酒蔵とレンガ造りの美しい建物は、伏見を代...

【羽田酒造】京都・北山の自然環境で醸す きめ細やかで清澄な酒の物語

▼京都中心部より北西へ車で約1時間、緑豊かな京北エリアにあり、桂川上流域の清らかな水に恵まれた場所にある羽田酒造。澄んだ空気、清らかな水、そしてマイナス10度位まで冷え込む冬の厳しい寒さなど、里山の豊かな自然が酒造りの大...

【月桂冠】おいしい酒と共に 酒の文化、京都の文化を後世に

▼寛永14(1637)年、初代・大倉治右衛門が、城下町として発展し、宿場町・港町としてにぎわっていた伏見で創業。明治38(1905)年、勝利と栄光のシンボル「月桂冠」を酒銘に採用。その直後、清酒メーカー初の酒造研究所を創...