【株式会社ten】新たな日本酒の形 山田錦農家と酒蔵を結ぶ 「一圃一酒プロジェクト」

▼山田錦の名産地と呼ばれる兵庫県。なかでも山田錦の生産が盛んな加西市で農家と酒蔵を直接つなぎ、一つの田圃から一つの日本酒を造る取り組みをされているのが株式会社tenです。 山田錦の産地であるということを一般消費者や地元...

【(有)和心采菜グループ 代表・本村哲朗氏】自然食ダイニングの運営から國酒への熱い想い。情熱の先にきっと未来がある

▼二条城そばの京町家の自然食おばんざいの店「松富や壽」、そして2017年春に開業した商業施設・京都タワーサンドのお粥専門店「かゆな」。いずれも(有)和心采菜グループが手掛ける料理店で、国産素材・国産無添加調味料で安心安全...

【「益や酒店」店主・益田藍さん】女性一人でも多彩な日本酒と酒肴が楽しめるカジュアルな角打ち

▼いま日本酒を楽しむ女性がじわりと増えています。女性杜氏の活躍や、発泡性や低アルコールなど新しい味わいの銘柄、そして美しいラベルデザインの銘柄の登場など、女性を惹きつける魅力ある日本酒が続々と登場している事も一因のようで...

【酒サムライ/「酒かりえんて」店主・新川智慈子さん】アメリカ・ニューヨークで日本酒新時代を切り拓く女流侍

▼日本酒業界に大きな貢献をされた人が選ばれる「酒サムライ」を2012年に叙任された新川さん。 アメリカ・ニューヨークを中心に日本酒のPRや料理店でお酒に携わるスタッフのコンサルタントとして活躍中。多くの蔵元から『チズさ...

【「中畝酒店」中畝康博さん】京都から世界へ羽ばたく日本酒伝道師のあくなき挑戦!

▼京都は伏見、藤森にお店を構える「中畝酒店(なかうねさけてん)」。店主の中畝さんは「ミャンマー米」を使ったお酒造りや海底で熟成させた日本酒、その日搾ったお酒を飲んで貰う「今朝しぼり」など、一般的な酒販店の枠を飛び越えて新...

【日本酒ガール・松浦すみれさん】丁寧なイラストとルポで誘う、日本酒の新世界へ

近ごろ「好きなお酒は日本酒」という若い女性が増えてきました。そんな女性のバイブルとして注目を集める一冊の本があります。2015年に京都の出版社・コトコトから刊行された『日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ』。お酒の神様を祀...