究極の健康ドリンク甘酒をぜひサケスプで!

近年「飲む点滴」として注目を集めている「甘酒」。
甘酒は、江戸時代より昔は夏バテ対策の飲み物として飲まれていました。実は美容、疲労回復、腸内環境改善、ダイエットなど様々な効能が期待できる女性に嬉しい栄養素がたっぷりのスーパー健康ドリンクなのです。

少し前までは甘酒といえば、神社で飲んだあまり美味しくないものを思い浮かべる人も多かったでしょう。しかし現在では清酒蔵が本格的に甘酒を作り始め、その高い栄養価と美味しさからテレビなどメディアで取り上げられる機会がとても多くなりました。

甘酒の作り方は2種類に分けることができます。

①酒粕から作る酒粕甘酒
②米麹から作る米麹甘酒

この2種類の甘酒を説明していきます。

 

①酒粕から作る酒粕甘酒

酒粕とお湯で溶かし、砂糖を入れて作ります。生姜を入れた温かい甘酒は寒い時期にぴったりですね。神社で飲むのは基本的にこちらの甘酒となります。
食物繊維、ビタミン、タンパク質を豊富に含み、便秘解消やお肌や髪をキレイに保つ美容効果が期待されます。

※アルコール分を含む可能性がありますのでご注意を
※砂糖を入れた分カロリーが少し高くなります。

 

②米麹から作る米麹甘酒

米麹とお米を発酵させて作ります。
「飲む点滴」といわれるのはこちらの甘酒で、砂糖を一切入れない無添加でお米の自然の甘さが特徴となります。もちろん酒粕を一切入れないのでアルコール分はゼロ、お子様でもごくごく飲めてしまいます。
満腹感を得られるブドウ糖、腸内環境を整えるオリゴ糖、脂肪をエネルギーに変える酵素リパーゼを豊富に含むため、ダイエット効果が期待されます。

麹のつぶつぶが残っているものもあればほとんど溶けてさらさらになっているものもあります。ストレートで飲んでも美味しいですが、特にどろっとした甘酒だと色々なもので割ってみるのも一つの楽しみです。

 

おすすめの飲み方

・牛乳割り
・豆乳割り
・トマトジュース割り→これが意外と美味しい!
・きなこを加えたスムージー
基本的に何でも合うので自分好みの飲み方を見つけてみてはいかがでしょうか?

美容目的なら酒粕の甘酒、ダイエットが目的なら米麹の甘酒を飲むようにしましょう。

当日会場で飲める甘酒

今回は清酒蔵が気合を入れて作った米麹甘酒がイベントで飲めます。

・今代司酒造
全量純米の蔵、新潟県「今代司酒造」の自慢の甘酒「麹」。
麹甘酒の中でも圧倒的にさらさらとした飲み口で非常に飲みやすいタイプの甘酒です。
ノンアルコールかつ自然な甘みで、お子様にもおすすめ。ストレートでも十分美味しくいただけます。

・美吉野醸造
「花巴」で有名な奈良・吉野にある酒蔵。今回はテレビで紹介されたこともある人気の甘酒
「酒蔵古流こうじ甘酒」が登場。麹のつぶつぶとした食感が残るタイプの甘酒で、牛乳や豆乳で割るのがおすすめです。

・古町糀製造所
「糀」の素晴らしさを伝えるべく立ち上がった新潟の麹甘酒専門店。
生姜をたっぷり使った「神社エール」や玄米や古代米を使った甘酒、果汁を入れたものなど様々な変わり種商品を開発。今回は定番のプレーンをはじめ、4種類のフレーバーが登場。

・佐々木酒造「白い銀明水」
京都市産業技術研究所を中心に、京都大学、京都府立大学、京都府農林水産センター他多数の方々との共同研究により開発された、米と米麹が原料の「醸造飲料」。日本酒製造時期のオフシーズンの春夏限定で販売。米麹を用いて醸造された甘酒に、梅エキスを加えています。味わいは乳酸飲料に近く、米の甘みと梅の酸味がほどよく調和して、甘酸っぱくさっぱりとした飲み口です。

 

いろいろ種類を揃えております!チケットのお求めはこちらからどうぞ。