【京都酒蔵館】お店にいながら酒蔵めぐり。京都にこだわった飲んで食べてうまい居酒屋

 

▼京都のオフィス街、四条烏丸エリアに2017年6月にオープンしたばかりの「京都酒蔵館(きょうとさかぐらかん)」。
“京都で作られた日本酒”と、和食の基本である“出汁にこだわった料理”を味わえるお店です。京都が地元の方にも観光で来られた方にも、京都を再認識して欲しいとの思いで作られたそうです。
今回は「京都酒蔵館」店長の鎌田さんにお話をうかがいました。

ここが一押しポイント

 ・お店にいながらにして酒蔵巡り!?京都全域の銘酒を ラインナップ
・京都の日本酒が味わえる2種類の利き酒セット
・京料理といえば出汁!出汁にこだわったお料理

【お店にいながらにして酒蔵巡り!?京都全域の銘酒をラインナップ

 

京都府内には44もの酒蔵があるとご存知でしたか?京都の日本酒と言えば“伏見”が有名ですが、実は京都府北部にも数多くの酒蔵があり、個性豊かな日本酒が醸されているのです。
今年6月にオープンしたばかりの「京都酒蔵館」では、京都府下の多くの酒蔵の日本酒*を楽しむことができるのです。(*常時全蔵ではありませんが、それに近い数が揃います)
「今一度京都を再認識して欲しい」と話す鎌田さん。実は、普通の酒屋さんに卸していないような小さな酒蔵のお酒もここでは飲むことが叶うのです!「京都酒蔵館」でそんな酒蔵のレアなお酒に出会い、次に京都を訪れた時にはその酒蔵を訪ねてみる。そんな京都ツアーなんていかがでしょうか。

店内にずらーっと並ぶ日本酒のボトル。このカウンターはなんと15mもあり、店内の席数は京都府下の酒蔵の数に合わせて44席!

 

【京都の日本酒が味わえる利き酒セット】

「京都酒蔵館」の名物といえば利き酒セット!!京都府北部と京都府南部に分類された日本酒を、各15蔵分ずつ利き酒できるセットが大人気です。この他にもメニューの中から好きな3蔵分を利き酒できるセットもあります。

1人で15蔵分を制覇するもよし、友人と北部・南部をそれぞれ注文して全部を飲み比べてみるもよし。いろんな楽しみ方ができますね。

「十五蔵の利き酒セット 北中部」1,800円

【京料理といえば出汁!出汁にこだわったお料理】

「京都酒蔵館」は日本酒にあわせた食事も充実。和食店出身の料理人が作るメニューは、出汁にこだわったものが多く、京都らしい湯葉・麸などの食材を使ったものもラインナップ!
同店の名物料理には「ゴボウの天ぷら なぎなた仕立て『弁慶』」や「国産ウナギまるごと一匹使用『五条大橋』」、「黒毛和牛 極上ホソ使用 白味噌酒粕鍋『牛若丸』」など、ユニークなネーミング揃い。京都といえば!というストーリーから名付けたのだそう。
その他にも「秋刀魚の一夜干し」や「舞茸とイチジクの天ぷら」など、季節の食材を使ったお料理もあり、通う楽しみがあります。

国産ウナギまるごと一匹使用した「五条大橋」2800円は1日10食限定

ゴボウの天ぷら なぎなた仕立て「弁慶」700円

黒毛和牛 極上ホソ使用 白味噌酒粕鍋「牛若丸」1200円

季節のお料理から「秋刀魚の一夜干し」500円

季節のお料理から「舞茸とイチジクの天ぷら」 700円

 

 

そして、店内では月に一度、酒蔵をお店に読んで「京酒の会」を開催。
この会では酒蔵の方からお酒への思いを聞けたり、普段は飲めないようなプレミアムなお酒や日本酒に合うシェフのコースを楽しむことができます。
次回開催は10/13(金)開催!日本酒ファンの皆さん、どうぞお見逃しなく。

【DATA】
京都酒蔵館
所在地:京都市下京区仏光寺通室町東入釘隠町236 寅ビル1F
営業時間:12:00〜23:00(LO22:00)
定休日:月曜休