※開催延期※ 風呂敷に込められた「包む」という心。現代版・風呂敷活用術!

work_karakusa_img_title_894_1

知っていますか、風呂敷のもつ”包む”という心
風呂敷は包み方や結び方次第で、気軽に使えるバッグに変身したり、贈り物をお洒落に包めたりと、さまざまな姿へ早変わりする優れもの!もともと奈良時代から使われており、その歴史は1270年以上にも及びます。創業から110年の京都の風呂敷製造卸問屋「唐草屋」が風呂敷の使い方や歴史を解説。
なぜ、唐草模様の風呂敷は「どろぼう」をイメージしてしまうのか?そもそもの風呂敷の役割はどんなものだったのか。
古来、生活には欠かせない道具として使われてきた「風呂敷」について、ご参加いただく皆さんにも結び方を一緒に体験していただきながら、解説します。

work_karakusa_main
work_karakusa_img3
work_karakusa_img1

オススメポイント

1. 現代の風呂敷デザインはどのように誕生するのか
2. 洋服のアクセントとしても輝くバックの結び方が学べる!
3. 風呂敷にまつわるユニークな歴史や物語も紹介
4. 風呂敷を使いこなせる日本人へ!

開催概要

タイトル 「唐草屋」知ると楽しい!風呂敷活用術
講師 唐草屋・大塚美由喜
日時 2013年2月17日(日)13:30~15:00
会場 トキワビルディング4F「oinai karasuma」 住所:京都市中京区烏丸通蛸薬師南入ル手洗水町647 トキワビル4-B【地図
アクセス 地下鉄:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅より徒歩約5分 私鉄:阪急京都線「烏丸」駅より徒歩約5分
定員 25名
参加費 1人1,500円
駐車場 なし

案内人者紹介

唐草屋・大塚美由喜

古来より、さまざまな場面で活用されてきた風呂敷。その歴史は1270年以上にも及びます。 創業から約110年の歴史をもつ、京都の風呂敷製造卸問屋「唐草屋」の大塚さんの手にかかれば 一枚の風呂敷があっという間に多機能バックに大変身! 風呂敷の現代的な活用法など、お店に訪れるお客様に丁寧に教えてくださる大塚さんから 風呂敷の歴史と共に、時代に合わせて変わっていった活用法やデザインについて解説いただきます。
work_karakusa_shisetsu

注意事項

参加までの流れ

  1. 参加をご希望の方は、下記フォームより申し込みをお願いします。
    ※予約申込フォームからは希望日の1日前までにお申込ください。
  2. 申込が完了すると、折り返し「確認メール」(自動返信)が届きます。
  3. その後、担当者よりご連絡をさせていただきます。(この時点で予約完了となります。)
  4. 参加代金のお支払いについては、当日支払いとなります。お釣りが必要ないようにご用意下さいませ。

キャンセルについて

お申込みをキャンセルされる場合は、必ず3日前までにご連絡いただけますようお願いいたします。

お申込み