プロと一緒に花街の革新を巡れ!~島原編~ ※受付終了いたしました。

建築に関する書籍を手がけた「ぽむ企画」が建物活用のプロとともに、かつての花街・島原のユニークな建築物を歩いて解説。まず、島原の中心に位置し、現在は粋なカフェバーや1日1組限定の宿泊施設として営業する「きんせ旅館」へ。どのようにして今日のように老舗旅館が変化したのか、きんせ旅館の運営者にお話を伺いながら、館内を見学します。また、リノベーションによってシェアハウスへと生まれ変わろうとしている元お茶屋も見学。現在、こちらの企画運営を手がける「株式会社八清(はちせ)」さんと、設計を手がける建築家の魚谷繁礼(うおや しげのり)さんが案内します!

tour_pomu_img_2
tour_pomu_img_kinse2
tour_pomu_img_1

コース内容

きんせ旅館前 集合・受付(13:45)⇒きんせ旅館内の見学と解説(約30分)⇒旅館のカフェ内で島原にある建物の概要をガイド、街のポテンシャルを語る(約20分)⇒ お茶屋改装シェアハ ウス現場の見学と、八清さんのご紹介(約20分)⇒ 島原界隈の案内。角屋、島原大門、Cafe Hygge等(外観のみ・約20分)⇒解散!(15:30予定)

tour_pomu_img_2
tour_pomu_img_kinse2
tour_pomu_img_1
tour_pomu_img_2
tour_pomu_img_kinse2
tour_pomu_img_1

開催概要

タイトル プロと一緒に花街の革新を巡れ!~島原編~
案内人 ぽむ企画、きんせ旅館、株式会社八清(はちせ)、魚谷繁礼建築研究所(うおやしげのり)
日時 2013年2月16日(土)14:00~15:30 集合・受付13:45
会場 きんせ旅館 住所:京都市下京区西新屋敷太夫町79【地図
アクセス JR:JR山陰線「丹波口」駅より徒歩約7分 バス:京都市営バス「島原口」バス停より徒歩約10分
定員 30名
参加費 1人2,000円
駐車場 なし

案内人者紹介

案内人一覧

ぽむ企画

平塚 桂、たかぎみ江からなる2人組。2000年にウェブサイト「ぽむ企画(http:// pomu.tv)」を立ちあげ、おもに建築を対象に雑誌記事や書籍における取材や執 筆、イラスト、イベント企画などを手がける。よく記事を書く雑誌に『Casa BRUTUS』『AXIS』等。著作に『京の近代建築』『東京スカイツリーの科学』等。

きんせ旅館

200年以上の歴史を持つ元旅館の建物を、以前の経営者の孫にあたる安達浩二郎 が2009年より1階のサロンを改修してカフェとして営業を開始。2012年5月から、 広い2階全体を1日一組限定で1棟貸しのように使える宿の営業もはじめている。 http://www.kinse- kyoto.com/

株式会社八清(はちせ)

京都を拠点とする不動産会社。企画、リノベーション、運営、販売など京町家活 用に必要なプロセスを一手に担う。住宅や宿泊施設など、京町家の活用実績は 200軒あまり。当日は社長の西村孝平、お茶屋改修シェアハウスの企画を担当す る落海達也が案内人として登場。http://www.hachise.jp/

魚谷繁礼建築研究所(うおやしげのり)

建築家・魚谷繁礼(うおや しげのり)による設計事務所。京都を拠点 に、住宅から公共施設までさまざまな建 物の設計を手がける。町家改修にも実 績多数。主な作品に〈京都型住宅モデル〉〈西都教会〉など。八清との共同の仕 事にシェアハウス〈京だんらん東福寺〉ほか。http:// www.uoya.info/

青山 均

1957年京都市生まれ、在住。古瓦の研究を進めるかたわら、ざまざまな風俗研究 を続ける。ツアーでは1983年撮影の島原の写真をもとに、街の変化を解説。

注意事項

参加までの流れ

  1. 参加をご希望の方は、下記フォームより申し込みをお願いします。
    ※予約申込フォームからは希望日の1日前までにお申込ください。
  2. 申込が完了すると、折り返し「確認メール」(自動返信)が届きます。
  3. その後、担当者よりご連絡をさせていただきます。(この時点で予約完了となります。)
  4. 参加代金のお支払いについては、当日支払いとなります。お釣りが必要ないようにご用意下さいませ。

キャンセルについて

お申込みをキャンセルされる場合は、必ず3日前までにご連絡いただけますようお願いいたします。

お申込み

※受付終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。