HINT 〜人生をデザインしよう〜@三木半旅館

tこれからの日本の未来を、みんなで考えよう!トークイベント「Hint 〜人生をデザインしよう〜」

これからの日本の未来を、みんなで考えよう!
トークイベント「Hint 〜人生をデザインしよう〜」

※セッションごとに入場できる「1セッション券」の販売をスタートしました!(2/12)
※当日の休憩時間に登場する「三木半旅館特製グルメ」をぜひおためしください!(2/19)
※大交流会の時間に、伝統芸能「式包丁」や、夜のお茶会「夜咄茶会」を開催します(2/19)

ニュースを見ていると、グローバル競争だとか景気がどうとか、いろんな情報が流れています。そんな時代に大切なことは、まず自分としてどうするのか、自分として一体何ができるのかを知ることではないでしょうか。

今回のイベントは、様々な業界で独自の考えを持って仕事を楽しんでいる方々に登場していただき、これからの日本に大切なことは何か、楽しく生きていく上で何を考えるべきなのかを、肩の力を抜いて話しあおうというものです。

単に話を聞いて「あぁ良かった」では、本当の変化は起きません。今回は、美味しい食事と飲み物をご用意しています。トークセッションの後に登壇ゲストの方と参加者の方が語り合ったり、お酒を飲んだりできる場を活用して、新しい交流、そして学び合いにつなげてみてください。

本イベントの特徴

  1. 各界で活躍する人々が考える「これからの日本」を知ることができる!
  2. これからの時代に求められる仕事が見えてくる!
  3. 街づくりや地域活性化などに燃える、熱い人たちと知り合える!

三木半旅館の特製グルメが登場!京の味覚をぜひおためしください!

鰻茶漬け1
当日の休憩時間には、実力派料理長が腕によりをかけて作ったメニューが登場します。(それぞれ有料)美味しいごはんと、楽しい話の組み合わせを、ぜひお楽しみください!

(発売メニュー) すべて300円〜500円です。
  1. 生麩田楽
  2. 特製だし巻たまご
  3. 鶏の唐揚げ 自家製ラー油ソース
  4. 伊勢海老入りお味噌汁
  5. うなぎ茶漬け
  6. からすみ茶漬け
  7. 氷見寒ブリのにぎり寿司
  8. ポップコーン
  9. 柿の種
  10. 氷見寒ブリのしゃぶしゃぶ
  11. 寒ぶりと大根の煮物
  12. 国産和牛しゃぶしゃぶ

タイムテーブル

開始 セッション 内容と出演者
12時~13時 セッション1

1-A「未来はこうなる!クリエイターの未来予測」

内容

これからの時代に新しく来るテクノロジーはこれだ!健康科学やロボット技術など、ワクワクするような未来を大胆予測。

出演者

  • 金谷 一朗 氏(大阪大学准教授/TEDxKyoto総合プロデューサー)
  • 河原 司 氏(リソースアーキテクト/アーキテクトタイタン共同主宰)
  • 森安 健太 氏(株式会社アシックス スポーツ工学研究所 次世代技術開発チーム)
  • 園山 隆輔 氏(株式会社TDF 代表取締役/ロボットデザイナー)

1-B「自分を磨く、世界旅行のすすめ」

内容

旅行好き必聴のセッション。世界中を旅した面々が「絶対行くべき世界のベストスポット」を指南。旅で学べること、独自の旅の仕方などを紹介し、文化の面白さを学ぶ楽しさについて語る。

出演者

  • 近藤 雄生 氏(ライター)
  • 井上 ゆき子 氏(チェルカトラベル株式会社 代表取締役)
  • 品川 皓亮氏(MeetUs Kyoto代表/京都大学法科大学院在学)
13時~13時30分 休憩 三木半旅館特製グルメとお酒・お飲み物をお楽しみください!
13時30分~14時45分 セッション2

2-A「出版メディアの可能性」

内容

インターネットの登場により変革を迫られる出版業界。電子書籍など分野を超えた新しい領域が広がる中、本作りはどうなっていくのか?を語るセッション。本好きには必見。

出演者

  • 三島 邦弘 氏(ミシマ社代表取締役)
  • きむ 氏(いろは出版代表取締役)
  • 藤田 功博(のぞみ代表取締役)

※中島 淳 氏(140B代表取締役)が事情により出演キャンセルとなりました。
楽しみにされていた方にはお詫び申し上げます。代わりに、主催の株式会社のぞみ代表取締役・藤田功博がモデレーターとして登壇いたします。

2-B「まちおこしの現場より、最新レポート!」

内容

これからは地方の時代!丹波や伊賀上野など、地方都市で町おこしにたずさわる面々が、町おこしの理想と現実、そして楽しさを語る!

出演者

  • 安達 鷹矢 氏(兵庫県篠山市福住地区まちづくり協議会 2030プロジェクト 広報担当)
  • 横田 親 氏(丹波市議会議員)
  • 加藤 寛之 氏(株式会社サルトコラボレイティヴ 代表取締役)
  • 池田 由利子 氏(株式会社ピーキューブ 代表取締役)
14時45分~15時15分 休憩 三木半旅館特製グルメとお酒・お飲み物をお楽しみください!
15時15分~16時30分 セッション3

3-A「活躍する女性の条件」(仮)

内容

働くスタイルがどんどん多様化する中で、起業したりフリーランスとして楽しく働いている女性によるトークセッション。結婚や子育てをどう考えるかを通じて、女性が活躍するためのヒントを探る!

出演者

  • 富樫 多紀氏 (NPO法人スマイルスタイル マネジメント/ TEDxKyoto Co-producer/Showチームリーダー)
  • 富樫 尚代氏 (日本フィルハーモニー交響楽団 事務次長 音楽の森部長)
  • 宮本 典子氏 (ART OSAKA事務局)
  • 三木 恵美子氏 (横浜弁護士会副会長)

3-B「京都の伝統工芸を世界へ!COS KYOTOの挑戦」

内容

京都で新しい活動として注目されているCOS KYOTO。伝統を生かして新しい時代の商品を作るプロジェクトのリーダーが、今までの取り組みと展望について語る。

出演者

  • 北林 功 氏(COS KYOTO株式会社 代表/コーディネーター、TEDxKyoto Operation Director)
  • 上田 芽美 氏(アロマセラピスト/薬剤師)
  • 横山 健一郎 氏(ハイアット リージェンシー 京都 総支配人)
16時30分~17時 休憩 三木半旅館特製グルメとお酒・お飲み物をお楽しみください!
17時~18時
セッション4

4-A「お坊さんに聞いてみよう!ゼロからはじめる仏教入門」

内容

先の見えない時代に対して期待感の高まる仏教。しかし一般庶民には疑問もいろいろ。修行って何?どうやって生活しているの?檀家制度って?
来場者からの質問に気鋭の僧侶が回答。

出演者

  • 松山 大耕 氏(妙心寺退蔵院 副住職)
  • 松本 紹圭 氏(光明寺 僧侶)

4-B「参加歓迎!3分間プレゼン大会」

内容

参加者の飛び入り歓迎!自分の取り組み発表、仲間募集、協力者募集など、3分間限定でなんでもプレゼンしてください。

18時~20時 大交流会

内容

旅館特製の美味しい食事を楽しみつつ、講師や参加者を交えて意見交換をする時間です。
※お食事・お飲み物は別料金です。手頃な価格で買えるグルメをご用意します。

小笹・式庖丁(サイズ小
三木半旅館料理長による、伝統芸能「式包丁 〜波越しの鯛〜」の実演を行います!貴重な機会をお見逃しなく!(A会場ステージにて無料公開)

CIMG5207-1
裏千家 佐藤さんによる「夜咄茶会」を開催!(1席8人まで おひとり1,000円 18時から21時まで1時間交代 4回開催)

20時~21時 夜の部

5-A「恋と仕事 はたらく女のリアル・トーク」

内容

ぶっちゃけた話、恋と仕事は両立できる?女らしさを生かしながらでも活躍できる?オフレコ限定、夜だからできる女性だらけの暴露トーク。

出演者

  • 富樫 多紀 氏 (NPO法人スマイルスタイル マネジメント/ TEDxKyoto Co-producer/Showチームリーダー)
  • 松岡 杏奈 氏(株式会社村式 ディレクター)
  • 本野 雪路 氏 (きのくに子どもの村学園 寮母)

5-B「デザイン・アートで生きてく方法」

内容

これからの時代に生きるアーティストに必要なことは?そもそも、アートや制作で生きていくことは可能なのか?自分の才能を仕事にする方法を考える。

出演者

  • 椿 昇氏(現代芸術家/京都造形芸術大学教授)
  • 松山 大耕 氏(妙心寺退蔵院 副住職)
  • その他、シークレットゲストも?

開催概要

タイトル Hint 〜人生をデザインしよう〜
日時 2013年2月23日(土)12:00~21:00
※途中入場・途中退場は自由です。
※セッションごとに入場できるチケットもご用意しております。
会場 三木半旅館(京都市中京区麩屋町六角 北東角) 宴会場【地図
アクセス 阪急河原町駅から徒歩5分
地下鉄東西線「市役所前」駅から徒歩5分
阪急烏丸駅・地下鉄四条駅から徒歩10分
参加費 社会人 1日通し券 3000円(当日4000円)
社会人 1セッション券 1000円
大学生 1日通し券 1000円(当日2000円)
大学生 1セッション券 500円
※1セッション券の当日販売の有無は、前日の発表といたします。

セッション概要

1日券をお持ちの方は、セッション中の出入りは自由です。また、イベント自体への途中参加・途中退場も自由です。
1セッション券をお持ちの方は、当該セッションのみご入場可能です。

1-A 未来はこうなる!クリエイターの未来予測

これからの時代に新しく来るテクノロジーはこれだ!健康科学やロボット技術など、ワクワクするような未来を大胆予測。

河原 司 氏(リソースアーキテクト/アーキテクトタイタン共同主宰)

建築思想を基に分野を超えて「宝を探し、磨く」デザインに取り組む。建築設計、町家再生、ウェブ、映像、写真、大覚寺大沢池景観修復活動、いけばなの景観解析、執筆活動を京都を拠点に展開。滋賀県立大学院にて修士(環境科学)取得。

talk_1a_img_kawahara

金谷 一朗 氏(大阪大学准教授/TEDxKyoto総合プロデューサー)

1973年東京生まれ,大阪育ち。1995年関西大学工学部卒業、1999年奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科修了。コンピュータを駆使したデザインの科学的理解に向けて研究する一方、メディアアーティストとしても活躍中。1年に1か月程度エジプト遺産の発掘調査にも関わる。京都嵯峨芸術大学芸術学部非常勤講師,NPO法人こどもアート理事。

talk_1a_img_kanaya

森安 健太 氏(株式会社アシックス スポーツ工学研究所 次世代技術開発チーム)

1981年生まれ.京都大学大学院工学研究科修了.現在,㈱アシックススポーツ工学研究所にて,着用者の傷害予防やパフォーマンス向上のためのシューズ機能設計及び摩擦・摩耗に関する研究開発に従事.現在,日本トライボロジー学会,国際バイオメカニクス学会,フットウェアバイオメカニクスグループに所属.

talk_1a_img_moriyasu

園山 隆輔 氏(株式会社TDF 代表取締役/ロボットデザイナー)

プロダクトデザインを中心に、インタフェース、グラフィック等幅広く手を出す「なんでもデザイン屋」 主に研究所や大学と共同で、新しい技術やサービスと人との関係性を明らかにして、わかりやすいかたちを与えることを旨としています。 ロボットのデザインなんかもやってます。

talk_1a_img_sonoyama

1-B 自分を磨く、世界旅行のすすめ

旅行好き必聴のセッション。世界中を旅した面々が「絶対行くべき世界のベストスポット」を指南。旅で学べること、独自の旅の仕方などを紹介し、文化の面白さを学ぶ楽しさについて語る。

井上 ゆき子 氏(チェルカトラベル株式会社 代表取締役)

20年旅行業界に在籍し、様々なカテゴリーの旅行業務を経験。(ハネムーンデスク、国際航空券発券、海外旅行デスク、企業出張渡航手配担当、学術渡航営業及び国際学会手配等) その実績を活かし2006年12月、旅する女性のための旅行会社、チェルカトラベルを設立。翌年より京都を旅する女性のためのサービスを開始。女性向けの内容とサービスを取り入れたバスツアーや、女性向け観光タクシーなどを考案しサービスとして提供している。 京都の女性起業家として各種女性誌・新聞に取り上げられるほか、FACEBOOK、ブログ等のソーシャルネットワークを駆使し女性の旅と、京都の魅力を発信中。

talk_1b_img_inoue

近藤 雄生 氏(ライター)

1976年東京都生まれ。大学院修了後、世界各地で取材・執筆活動をしながら、5年半の海外放浪生活を経て2008年に帰国。著書に『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)、『遊牧夫婦』『中国でお尻を手術。』(ともにミシマ社)がある。現在、ノンフィクション、サイエンス、エッセイなどの分野で執筆。京都造形芸術大/大谷大非常勤講師。

talk_1b_img_kondo

品川 皓亮(MeetUs Kyoto代表/京都大学法科大学院在学)

大学入学時から通訳観光ガイドとして活動し、自らも東南アジアを中心にバックパッカーとして旅をした経験から、MeetUs Kyotoを設立(現在法人化準備中)。
「人に出逢う新たな観光のカタチをつくる」をコンセプトに、 旅行者が京都の隠れたコンテンツを発掘し、京都の人々と交流できるサービスを運営する。
2012年には、日本の大学生向けのウェブサービス「Smile Dish~外国人旅行者とランチ留学」で、 キャンパスベンチャーグランプリ大阪ビジネス部門最優秀賞(日刊工業新聞社)を受賞。

http://meetuskyoto.com/
https://www.facebook.com/MeetUsKyoto

平成24年度京都大学総長賞受賞。
著書に、『これから勉強する人のための日本一やさしい法律の教科書』(日本実業出版社)。

talk_1b_img_shinagawa

2-A 出版メディアの可能性

インターネットの登場により変革を迫られる出版業界。電子書籍など分野を超えた新しい領域が広がる中、本作りはどうなっていくのか?を語るセッション。本好きには必見。

三島 邦弘 氏(ミシマ社代表取締役)

1975年京都生まれ。1999年京都大学文学部卒業。同年、PHP研究所入社。単行本の編集者となる。2003年退職、数カ月間、「旅人」となる。同年10月より3年間、NTT出版で単行本の編集をし、2006年10月株式会社ミシマ社を東京・自由が丘で単身設立。

「一冊入魂」「原点回帰」の出版社を掲げ、現在7名のメンバーと、自由が丘と京都の二拠点で出版活動を展開中。著書に『計画と無計画のあいだ~「自由が丘のほがらかな出版社」の話』(河出書房新社)がある。

talk_2a_img_mishima

きむ 氏(いろは出版代表取締役)

1980年福井県小浜市生まれ。京都芸術短期大学(現京都造形芸術大学)に進学し、詩と写真を合わせたポストカードを京都の路上で売り始める。2000年にきむカンパニーを、2003年にはいろは出版株式会社を設立。

中高生・大学生を中心に、詩と写真を合わせたポストカードが共感を呼び、ポストカードの売上が日本一となる。その後、『きむ作品集』累計100万部突破。また、日本ドリームプロジェクトを立ち上げ、『1歳から100歳の夢』をはじめとする夢の本シリーズを出版。

夢を持って生きることの素晴らしさを伝え続けている。

talk_img_kimu

出演キャンセルのお知らせ

中島 淳 氏(140B代表取締役)が諸事情により出演キャンセルとなりました。
楽しみにされていた方に深くお詫び申し上げます。

2-A まちおこしの現場より、最新レポート!

これからは地方の時代!丹波や伊賀上野など、地方都市で町おこしにたずさわる面々が、町おこしの理想と現実、そして楽しさを語る!

加藤 寛之 氏(株式会社サルトコラボレイティヴ 代表取締役)

1975年4月17日千葉県生まれ。1999年立命館大学政策科学部卒業。同年4月、イタリアに6ヶ月間の旅に出る。大小20以上の都市を巡り、ローマに3ヶ月住む。帰国後、1999年10月、立命館大学政策科学部教授髙田昇氏のシンクタンクCOM計画研究所に研究員として入社。2000年建築、デザイン、都市計画などの分野を横断的に考え、実行するsarto.(サルト)を立ち上げる。

2000年5月から2002年4月まで兵庫県氷上郡柏原町(現丹波市柏原町)にタウンマネージャーとして出向。第3セクターの株式会社まちづくり柏原の設立および同社が経営するイタリア料理「オルモ」のプロデュース、その他柏原町でのまちづくりコーディネートを行なう。2008年6月sarto.を法人化し、株式会社サルトコラボレイティヴ設立、代表に就任。

現在は、引き続き丹波市でのまちづくりにかかわる他、大阪府枚方市、三重県伊賀市、滋賀県大津市、長浜市びわ地区などの地域再生業務に従事。その他、大阪府内にてストックリノベーションによる不動産有効活用等によって地域再生につながる取り組みを進めている。

talk_img_katou

安達 鷹矢 氏(兵庫県篠山市福住地区まちづくり協議会 2030プロジェクト 広報担当)

大阪府出身。2010年楽天株式会社入社。 ECコンサルタントとして大阪支社に勤務。2011年に篠山市で古民家再生を行う一般社団法人NOTEの事業に惹かれ楽天を退社。篠山市福住地区にてプロジェクトに関わり、ご縁あり定住。2013年4月から同地区にて日本酒BARの開業・兵庫県が推進する田舎暮らし体験宿泊施設の管理人・まちづくり協議会の移住・定住促進プロジェクトの広報担当として活動予定。

talk_2b_img_adachi

横田 親 氏(丹波市議会議員)

1982年生まれ30歳 三重県出身。地域雇用の創出を目的にリクルートエージェント社を退職し、大阪から一家で丹波市に移住し、個人事業主として地元の経営者、NPO、自治会の問題解決を行う地域特化型のコンサルティング業を行う2児の父。2012年11月の選挙を経て、丹波市議会議員を兼務中。

talk_2b_img_yokota

池田 由利子 氏(株式会社ピーキューブ 代表取締役)

3-A 活躍する女性の条件

働くスタイルがどんどん多様化する中で、起業したりフリーランスとして楽しく働いている女性によるトークセッション。結婚や子育てをどう考えるかを通じて、女性が活躍するためのヒントを探る!

富樫 多紀 氏(NPO法人スマイルスタイル アシスタント・ディレクター/コーディネーター/ TEDxKyoto Co-producer/Showチームリーダー)

1987年東京生まれ。12歳より「世界で一番自由な学校」イギリス、サ マーヒルスクールへ留学。卒業後、ロンドンでアート&デザイン、舞 台芸術を学ぶ。フリーランスとして数々のシアター・プロジェクトに 参加。日本大使館や日本協会との連携を通し、文化交流を目的とした フェスティバルやイベントをプロデュース。2012年日本に帰国、大阪 へ移転。NPO法人スマイルスタイルにて、プロジェクトマネジメント を担当。プライベートでは、TEDxTokyo とTEDxKyotoへ参画、京都で はShowチームのリーダーとして東西のTEDxイベントの運営を支えて いる。「Story Telling」をキーワードに、幅広いジャンルのワクワクを 生み出していきたいと企んでいる。

http://smilestyle.jp/
http://www.tedxkyoto.com

talk_3a_img_togashi

富樫 尚代 氏(日本フィルハーモニー交響楽団 事務次長 音楽の森部長)

1950年岐阜県生まれ。陶磁器の産地。名古屋南山高校女子部、法政大学法学部卒。1976年フジテレビと文化放送から解散・解雇された日本フィルハーモニー交響楽団の「市民とともにあゆむオーケストラ」活動に共感し入団。オーケストラと聴衆を結ぶさまざまなプロジェクトの開発、3・11以降は「被災地に音楽を」送る運動に取り組んでいる。35歳で結婚、36歳と39歳で出産。モットーは「好きなことしかやらない。」

http://www.japanphil.or.jp/

talk_3a_img_togashi_hisayo

宮本 典子 氏(ART OSAKA事務局)

1980年茨城県生まれ。大学で建築設計や環境デザインを学ぶ。 2006-2007年ロータリー奨学生としてヘルシンキ工科大学建築学部 IAP留学。建築と現代アートを共在させる仕事に携わりたく、未知 の世界であった現代美術ギャラリーで2007~働き始める。2008年 ~ ART OSAKA 事務局を担当するのを切掛けに、日本の現代アート 業界やマーケットの課題を知り、改善に立ち向かう。近年は、建築 設計事務所と一緒に現代アートのコミッションワークの仕事も行 う。

http://www.artosaka.jp/

talk_3a_img_miyamoto

三木 恵美子 氏(横浜弁護士会副会長)

山口県出身、東京大学法学部卒業。1989年4月弁護士登録。 2004年度横浜弁護士会副会長。「日本国籍をもっていないからとか、 在留資格のない親から生まれたからとか、両親が結婚を続けていない からとか、あるところの出身だから、男性ではないから等、本人にと って選択のしようのないことがらを理由にして、不利益な取り扱いを 受ける人の力になりたいと考えている。

また、国際結婚をするとか、留学するとか、就職するとか、一旦は自分で選び取ったことから起因して生じている不利益であっても、過剰な不利益を被っているときに、これを乗り越えるために努力している人の力になりたい。

http://yokohama.bengo-shi.com/

talk_3a_img_miki

3-B 京都の伝統工芸を世界へ!COS KYOTOの挑戦

京都で新しい活動として注目されているCOS京都。伝統を生かして新しい時代の商品を作るプロジェクトのリーダーが、今までの取り組みと展望について語る。

北林 功 氏(COS KYOTO株式会社 代表/コーディネーター、TEDxKyoto Operation Director)

1979年生まれ。大阪市立大学法学部(公共政策論)卒業。在学中、総務庁(現内閣府)の国際青年育成交流事業フィンランド派遣団員としてフィンランドの政治・教育システムやデザインなどについて学ぶ。また、オーストラリアにてShell社の沿岸環境国際ボランティア等にも参加。2002年、大阪ガス株式会社に入社し、京滋事業本部にて京都のオフィスビル・商業施設のエネルギー関連設備の提案営業に従事。2007年、株式会社グロービスに転じ、コンサルタントとして金融・証券・商社・サービス関連の企業を中心に経営人材育成研修の企画・運営に従事。その後、2010年〜2012年に同志社ビジネススクールにて、「伝統産業グローバル革新塾」を主宰する村山裕三教授に師事。
論文「感性価値を活用するための地域ネットワークのあり方〜京都を事例として〜」をまとめ、同スクールを修了。同論文でのビジネスプランをベースに「COS KYOTO」を立ち上げ、代表に就任。経営学修士。TEDxKyotoオペレーションディレクター。

talk_3b_img_kitabayashi

上田 芽美 氏(アロマセラピスト/薬剤師)

80年ドイツ生まれ。京都薬科大学卒業、薬剤師免許を取得。大学時代からアロマテラピーに興味を持ち始め、’05年日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザーを取得。’06年渡英し’07英国ITECアロマテラピーディプロマを取得。帰国後は薬剤師の傍らアロマテラピーやハーバルセラピーを広める活動を始める。’10年日本メディカルハーブ協会ハーバルセラピスト取得。

’09年4月から2年間に渡り、情報誌「Leaf」でシブヤメミのアロマ&ハーブ紀行を連載、ホテルグランィア京都のリストランテ ラ・リサータにてワークショップを開催。現在は薬剤師を続けながら、Sprout up名義でカフェでのワークショップや、様々なショップのアロマ関連商品の開発に取り組んでいる。

talk_img_ueda

横山 健一郎 氏(ハイアット リージェンシー 京都 総支配人)

昭和36年横浜生まれ。明治学院大学卒業後,長年にわたり国内外のインターナショナルホテルで経験を積む。ハイアットインターナショナルコーポレーション入社後、副総支配人として,パークハイアット東京の立ち上げ,パークハイアットシドニーで,オリンピック直前まで現場のオペレーションを担当。ハイアットリージェンシー大阪で初めての日本人総支配人を務めた後,ハイアットリージェンシー京都を立ち上げ、京都のみならず日本を代表するホテルに育て上げた。

talk_img_yokoyama

4-B お坊さんに聞いてみよう!ゼロからはじめる仏教入門

先の見えない時代に対して期待感の高まる仏教。しかし一般庶民には疑問もいろいろ。修行って何?どうやって生活しているの?檀家制度って? 来場者からの質問に気鋭の僧侶が回答。

松本 紹圭 氏(光明寺 僧侶)

1979年北海道生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。浄土真宗本願寺派光明寺僧侶。米日財団リーダーシッププログラムフェロー。超宗派仏教徒のウェブサイト『彼岸寺』(higan.net)を設立し、お寺の音楽会『誰そ彼』や、お寺カフェ『神谷町オープンテラス』を運営。ブルータス「真似のできない仕事術」、Tokyo Source「東京発、未来を面白くするクリエイター、31人」に取り上げられるなど、仏教界のトップランナーとして注目される。2010年、南インドのIndian School of BusinessでMBA取得。現在は東京光明寺(komyo.net)に活動の拠点を置く。2012年、若手住職向けにお寺の経営を指南する「未来の住職塾」を開講。全国各地で各宗派から意識の高い若手僧侶数十名が「お寺から日本を元気にする」志のもとに集結し、学びを深めている。著書に『おぼうさん、はじめました。』(ダイヤモンド社)『お坊さん革命』(講談社プラスアルファ新書)『脱「臆病」入門』(すばる舎)など。

talk_4b_img_matsumoto

松山 大耕 氏(妙心寺退蔵院 副住職)

1978年京都府生まれ。東京大学大学院農学生命科学科修了。農学修士。2006年より退蔵院副住職に就任。2008年のG8サミットシェルパ会議のエクスカーション受け入れや、外国人記者クラブや各国大使館で多数講演を行うなど、海外に向けて日本文化の発信・交流を積極的に行なっている。2009年からは観光庁Yokoso!Japan大使、2011年より京都市「京都おもてなし大使」に任命される。江戸時代の「お抱え絵師制度」を復活させるという「方丈襖絵プロジェクト」など新しいアイデアを次々に実現させる行動力が、各界から高く評価されている。

talk_4b_img_matsuyama

4-B 参加歓迎!3分間プレゼン大会

参加者の飛び入り歓迎!自分の取り組み発表、仲間募集、協力者募集など、3分間限定でなんでもプレゼンしてください。

5-A 恋と仕事 はたらく女のリアル・トーク

ぶっちゃけた話、恋と仕事は両立できる?女らしさを生かしながらでも活躍できる?オフレコ限定、夜だからできる女性だらけの暴露トーク。

富樫 多紀 氏(NPO法人スマイルスタイル アシスタント・ディレクター/コーディネーター/ TEDxKyoto Co-producer/Showチームリーダー)

1987年東京生まれ。12歳より「世界で一番自由な学校」イギリス、サ マーヒルスクールへ留学。卒業後、ロンドンでアート&デザイン、舞 台芸術を学ぶ。フリーランスとして数々のシアター・プロジェクトに 参加。日本大使館や日本協会との連携を通し、文化交流を目的とした フェスティバルやイベントをプロデュース。2012年日本に帰国、大阪 へ移転。NPO法人スマイルスタイルにて、プロジェクトマネジメント を担当。プライベートでは、TEDxTokyo とTEDxKyotoへ参画、京都で はShowチームのリーダーとして東西のTEDxイベントの運営を支えて いる。「Story Telling」をキーワードに、幅広いジャンルのワクワクを 生み出していきたいと企んでいる。

http://smilestyle.jp/
http://www.tedxkyoto.com

talk_3a_img_togashi

松岡 杏奈 氏(株式会社村式 ディレクター)

1984年生まれ。 湘南鎌倉、イギリスの田舎、ニュージーランドの大自然の中で野生児として育つ。 大学では現代美術のキュレトリアルスタディーと工業デザインを専攻。NZで工業デザイナーとして3年半働いた後、地元鎌倉のベンチャー企業、村式株式会社でWebディレクターとして勤務。NZでは新興国出身の「なにくそハングリースピリット」溢れる人達と働き、日本では粘り強いエンジニア達と働いている。これから訪れる人生のステージで、どこの国で暮らしても幸せに、自立してその社会に貢献できるよう力を培いたいと日々生活力の筋トレ中。

http://ville.jp/

talk_5a_img_matsuoka

本野 雪路 氏(きのくに子どもの村学園 寮母)

1964年4月5日大阪生まれ。10才で渡英。小学生時代をサマーヒル・スクールで過ごし、中学では1年間ルドルフ・シュタイナー英国校マイケルホールに在学。母親が乳癌を発症し帰国。カトリックの女子高 被昇天学園に編入。帰国子女としての目線から見た日本での学校生活の疑問点などに関して、堀 真一郎氏の著書「こんな学校もある」内に執筆あり。

大学へ進学、哲学を専攻。在学中に中華人民共和国の南京大学へ1年留学。バックパッカー仲間と日本のルーツを探る旅に出た。ゼネコンに就職し、外国人駐在員向けの住宅営業に携わる。フリーランスにてテレビ番組の字幕翻訳や通訳業を営む。サマーヒルの後輩「拓」(「世界で一番自由な学校」に彼との出会いのエピソードが載っています)と同棲をはじめ、日本企業に勤める彼との生活時間を合わせるべく転職。

エキスパッツの日本での生活をコーディネートする会社に就職し、自ら進んで「前例が。。。。」という会社(日本)と論理的な顧客(西洋)の板挟みを体験。36歳で妊娠し、37歳で出産及び入籍。

現在単身赴任にて、きのくに子供の村学園高等専修学校の寮母及び英語教師を務める。

talk_5a_img_motono

5-B デザイン・アートで生きてく方法

これからの時代に生きるアーティストに必要なことは?そもそも、アートや制作で生きていくことは可能なのか?自分の才能を仕事にする方法を考える。

椿 昇 氏(現代芸術家/京都造形芸術大学教授)

現代美術家。京都造形芸術大学美術工芸学科長。1989年「アゲインスト・ネーチャー展」。1993年ベニスビエンナーレ・アペルト。2001年横浜トリエンナーレ。2003年水戸芸術館で「国連少年展」。2005年占領下の物語Ⅱ美術担当。マサチューセッツ工科大学レジデンス。2009年京都国立近代美術館「GOLD/WHITE/BLACK」展。

talk_img_tsubaki2

注意事項

参加までの流れ

  1. 参加をご希望の方は、下記フォームより申し込みをお願いします。
    ※予約申込フォームからはイベント前日までにお申込ください。
  2. 申込が完了すると、折り返し「確認メール」(自動返信)が届きます。(この時点で予約完了となります)
  3. 参加代金のお支払いについては、当日支払いとなります。お釣りが必要ないようにご用意下さいませ。

キャンセルについて

お申込みをキャンセルされる場合は、必ず前日までにご連絡いただけますようお願いいたします。

お申込み