【酒バルJINSUKE】唎酒師が選んだ銘酒と、絶品はまぐり料理をカジュアルに堪能

▼阪急烏丸・河原町駅から徒歩5分、「酒バルJINSUKE」は絶品はまぐり料理と全国47都道府県のアテが楽しめる地元で人気の「日本酒バル」です。唎酒師の資格を持つオーナー厳選の約30種類の日本酒に加え、「スパークリングSAKE」や「SAKEサングリア」など日本酒を使ったカクテルを提供。日本酒ビギナーにも特に優しいお店です。

今回は「酒バルJINSUKE」オーナーの山口晋吾さんにお話をうかがいました。

ここが一押しポイント

・うま味の宝石箱!?絶品はまぐり料理を食す
・唎酒師厳選の日本酒と47都道府県のおつまみを
・日本酒ビギナー大歓迎!女性に人気のSAKEカクテル

うま味の宝石箱!?絶品はまぐり料理を食す

鶏料理で有名な「べっぴんや」を手がけていた山口さんが日本酒に合うようにと次に目をつけたのが「はまぐり」でした。春先が旬のはまぐりですが、こちらでは「蓄養」のものを独自で仕入れているため、新鮮でおいしいはまぐりが年中楽しめます。貝類の天敵「砂」を噛む心配もありません。開店当初はさすがにニッチすぎるのではという声もありましたが、今ではすっかり浸透し、店名ではなく「はまぐり集合で!」と呼ぶ常連客もいるそうです。
現在お店では、名物の「はましゃぶ」をはじめ、「焼きはま」、「はまぐりのアヒージョ」「はまぐり入りクリームコロッケ」など6〜7種類の絶品はまぐりメニューがスタンバイ!これらのはまぐり料理を味わうコース「はまぐりづくし」は、貝好きにはたまらない料理のオンパレードです。

名物の「はましゃぶ」1人前6個900円(税別)、「追加はまぐり3個360円(税別)。出汁で酒が進み、〆には雑炊やお蕎麦を追加できます

唎酒師厳選の日本酒と47都道府県のおつまみを

同店で扱う日本酒は、関西を中心に全国の銘柄30種類弱。唎酒師の資格を持つオーナーの山口さんが厳選したお酒が並びます。同店オリジナル日本酒の「JINSUKE」は昔から付き合いのある京都・城陽酒造に特別に作ってもらった五百万石使用の本醸造酒です。日本酒度+10の大辛口で冷酒から熱燗まで楽しめます。
そして日本酒バルとしてこだわっているのが「アテ」。なんと47都道府県の人気おつまみを用意しています。秋田のいぶりがっこ、三重のさめのたれ、大分の鶏天など全国各地の名物が一度に味わえるのは京都でここだけです。各地の名産を徹底的にリサーチし、お店で出せそうなものをメニュー化しました。

日本酒は60ml330円(税別)〜。飲むペースにあわせ、60ml・90ml・180mlから量を選べます

日本酒ビギナー大歓迎!女性に人気のSAKEカクテル

「日本酒を苦手な人にも飲んでほしい!」と力を入れているのが日本酒のカクテルです。日本酒に炭酸を加え、シュワシュワとした口当たりが楽しめる「SAKEスパークリング」やフレッシュな果実を日本酒に漬けて作った「SAKEサングリア」は、とても飲みやすく女性に大人気だそう。
店内はガラス貼りのエントランスに天井吹き抜けと、開放感があって入りやすい造り。まさに日本酒ビギナーにうってつけです。カウンター席あり、テーブル席あり、そして個室まであるのでふらっと寄るもよし、接待に利用するもよし、と非常に使い勝手の良いお店です。
英語のメニューもあるので、外国人にもおすすめです。

取材担当者より

出汁に使われる食材の中でも圧倒的な存在感を誇るはまぐりは、特にうま味が強くぷりぷりの身がたまりません。殻がパカっと開くとテンションは最高潮に!名物「はましゃぶ」は、鰹と昆布にはまぐりから出るエキスのみのシンプルな味付けですが、口に入れた瞬間そのうま味が全身にしみ渡ります。料理のバリエーションも豊富なので、貝好きでなくてもパクパク食べられます。
他にも全国の変わったアテが食べられるので、日本酒好きはもちろんのこと、アテだけでも楽しみが広がります。はまぐりのエキスは二日酔いにも効くそうなので、飲み会終わりにの2軒目使いにもおすすめです。

こんな人におすすめです

・無類の貝好き
・日本酒ビギナーの女性や外国人
・1軒目でちょっと飲みすぎた方

【DATA】
「酒バルJINSUKE」
所在地:京都市下京区綾小路通柳馬場西入ル綾材木町208
営業時間:17:30~24:00(23:30 L.O)
定休日:不定休