【JAM HOSTEL +SAKE bar】祗園のホステルが経営する、ワールドワイドなカウンター酒場

▼外国人向けのホステルが経営する「日本酒」専門のバー。京阪「祇園四条駅」から徒歩1分、街のど真ん中に店を構える同店では常時40種類以上のお酒を用意しています。根っからの日本酒好きというオーナーが日々全国のうまい酒を仕入れているので、取り扱う銘柄は毎日変化。花街・祇園にありながらチャージなし、1杯600円からオーダー出来るので、旅行者でも気軽に立ち寄れます。さらに日本酒を知り尽くしたスタッフが、それぞれの客の好みに合う一杯を提案してくれるなど、ホスピタリティーに溢れています。

今回は「JAM HOSTEL +SAKE bar」オーナーの池田さんにお話をうかがいました。

ここが一押しポイント

・日本酒好きのオーナーが徹底的にこだわった銘柄選び
・チャージは一切無し、気軽に入れるカウンター
・外国人もウェルカム!英語対応完璧なスタッフが素敵な一杯を提案

日本酒好きのオーナーが徹底的にこだわった銘柄選び

同店最大の特長は、充実した銘柄のラインナップ。常時40種類以上の銘柄を置いていますが、毎日提供メニューが変わります。銘柄は基本固定せず、オーナーが自ら飲んでみて「その年の出来が良いお酒」だけを提供しています。『蒼空』『獺祭』『梵』など名の知れた銘柄はもちろん、あちこちの酒屋さんから仕入れたあまり知られていない銘柄も数多く取り揃えています。
自宅の冷蔵庫の9割が日本酒ゾーン(!!)と言うほどお酒好きのオーナーが厳選した全国各地の銘柄を目当てに、飲食業界で働く人たちも多く集まるそう。オススメは1,000円の利き酒セット。

チャージは一切無し、気軽に入れるカウンター

祇園という立地にありながらチャージは一切無し、1杯600円から飲める、極めてカジュアルなスタイル。ガラス貼りの間口の大きな店舗は開放的で、初めてでも入りやすい雰囲気。店内に一歩足を踏み入れると、オーナー厳選のBGMが楽しげな空気を演出しています。
「おいしい日本酒を知って欲しい」というオーナーの強い想いから、置いている銘柄だけでなく「入りやすさ」や「場の空気感」をとても大切にしているので、通りすがりにふらっと立ち寄りたくなります。


(木目調のカウンターは温もりを感じます)


(何とペットも同伴可)


(菰樽(こもだる)や櫂棒(かいぼう)など付き合いのある蔵元から譲り受けた日本酒アイテムも)

外国人もウェルカム!英語対応完璧なスタッフが素敵な一杯を提案

同店のもう一つの特長が「英語対応」。ホステルを経営している事もあり、英語が堪能なスタッフが爽やかな笑顔で外国人客を迎えます。立地の良さと英語での細やかなサービスが徐々に口コミで広がっていき、今では外国人だけで席が埋まる事も!
英語でお酒造りについて詳しく学べる、京都でも非常にレアな日本酒バー。日本酒文化に触れたい海外からの旅行者にも、うまい酒と仲間との出会いを楽しみたい地元客にも、嬉しい空間です。

【DATA】
「JAM HOSTEL +SAKE bar」
所在地:京都市東山区川端通四条上ル常磐町170
営業時間:月曜〜金曜 17:00~24:00、土日祝日 15:00~24:00
定休日:無休