カテゴリー別アーカイブ: 川床デビューに!リーズナブルな川床料理

お手頃な値段で料理を提供する店や、5・9月にはランチを楽しめる店も登場してきている川床グルメ。川床初心者は、まずはリーズナブルなお店でデビューを!

先斗町に軒を連ねる店の中で、お手頃に川床での食事を楽しみたいならこちらへ。創業40年余りの洋食店で、デミグラスソースやタルタルソースはもちろん、ドレッシングまで自家製を貫く、手の込んだ料理が味わえます。床でいただけるコースは、お手軽セット3500円とおまかせコース4500円の2種を用意。お手軽セットは、オードブル5種盛り合わせに、単品で提供されるときと同じボリュームのメインなどが付くため、舌もお腹も満たされること間違いなし。

先斗町の京料理店として70年以上の歴史を築いてきた同店では、季節感を意識した、奇をてらわない料理が供されます。ゆば会席は、先付や八寸などで旬の食材を使うのはもちろん、湯葉の調理法を時季に合わせて工夫されるため、一年を通して人気。川床では、このゆば会席をはじめ、昼のゆば膳、鮎の塩焼きなどを含む季節のおまかせ会席、はも会席をいただけます。はも会席は、京の夏の味覚・ハモ尽くしで、肉厚のハモが使われると好評です。

山とみは、湯豆腐やゆばさしみなど京都らしい味を常時100種以上そろえるほか、月替わりのメニューを用意します。そのなかでもひときわ人気なのが、名物の鉄ピン揚げ。油が入った鉄瓶にエビやナスなどの食材を自分で入れて串揚げにするため、まさに揚げたてが味わえます。また、川床が出る時季のオススメの食材は鱧で、おとしや柳川鍋、焼霜造りなど、さまざまな調理法で旬の風味を味わえます。

木屋町通から細い路地を進んだどんつきにある露湖は、築120年の町家を利用した割烹料理店。割烹ならではのカウンターを設けながらも、旅館だった雰囲気を醸し出す部屋や坪庭が残ります。和食ひとすじのご主人が作る料理は、自らの目利きで中央市場などから仕入れた魚や生麩や湯葉など京都らしい食材を使いながらも、リーズナブル。おばんざいや生麩田楽が盛り込まれた川床ランチは1800円~、夜は露湖会席5500円などを用意します。

豆水楼では大正時代にお茶屋だった町家を生かし、京料理をベースに多彩な豆腐料理がいただけます。汲み上げ湯葉や胡麻豆腐など、風味と食感を楽しめる料理をはじめ、おぼろ豆腐なども味わえるコースを用意するのは専門店ならでは。国産大豆と天然にがりで仕込まれるおぼろ豆腐は、湯豆腐や朴葉味噌焼きなどのほか、夏場は氷で冷やして供されます。ひんやりとした豆腐を味わいながら、川床で涼んでみては。