カテゴリー別アーカイブ: 昼2000~5000円

築100年を越す旅館を改築した同店では、川床では珍しい中国料理をいただけます。広東料理をベースに、油や塩分が控えめなので、味はあっさりと上品。京野菜を使用した月替りのコース料理のほか、平日限定の一品料理は約70種と豊富にそろいます。30名まで収容可能な広々とした川床は、貸切も可能なうえ、2階には元旅館らしく個室や40名までの大広間もあり、ビジネスや宴会にも重宝します。

先斗町の京料理店として70年以上の歴史を築いてきた同店では、季節感を意識した、奇をてらわない料理が供されます。ゆば会席は、先付や八寸などで旬の食材を使うのはもちろん、湯葉の調理法を時季に合わせて工夫されるため、一年を通して人気。川床では、このゆば会席をはじめ、昼のゆば膳、鮎の塩焼きなどを含む季節のおまかせ会席、はも会席をいただけます。はも会席は、京の夏の味覚・ハモ尽くしで、肉厚のハモが使われると好評です。

実家の割烹店で修行した後、ホテルで洋食を学んで独立した店主が親子で切り盛りする割烹店。出汁に使う地下水と相性が良い淡路の魚介や京都近郊の食材で作る和洋の料理がメニューに並びます。なかでも、春巻きや手羽先は舞妓が好んだ味で、花街への仕出しに端を発するお昼の弁当や単品で味わうことができます。川床はもちろん、建築・土木・景観・庭園を総合的にデザインする白砂伸夫氏が手掛けた和モダンな空間で、自慢の和洋折衷の料理をどうぞ。

豆水楼では大正時代にお茶屋だった町家を生かし、京料理をベースに多彩な豆腐料理がいただけます。汲み上げ湯葉や胡麻豆腐など、風味と食感を楽しめる料理をはじめ、おぼろ豆腐なども味わえるコースを用意するのは専門店ならでは。国産大豆と天然にがりで仕込まれるおぼろ豆腐は、湯豆腐や朴葉味噌焼きなどのほか、夏場は氷で冷やして供されます。ひんやりとした豆腐を味わいながら、川床で涼んでみては。