カテゴリー別アーカイブ: 酒蔵

▼江戸・明暦3(1657)年創業、「富翁(とみおう)」ブランドで360年に渡って伏見の酒造文化を牽引してきた「北川本家」。伏見でも歴史ある酒蔵で、その伝統をひたすらに守り続けてきました。また「食中酒」として京都の食文化と […]

【城陽酒造株式会社】▼古くから「五里五里のさと」と呼ばれる城陽エリア。京都市内から南へ五里(約20km)・奈良から北へ五里(約20km)に位置し、温暖な気候と木津川の流水に恵まれた自然豊かな地です。「城陽酒造」では、地下 […]

▼初代松本治兵衛により寛政3(1791)年、東山の八坂弓矢町にて商号を「澤屋」として創業。大正12(1923)年に名水を求めて、現地の伏見に酒造場を増設しました。川べりに並ぶ木造の酒蔵とレンガ造りの美しい建物は、伏見を代 […]

▼寛永14(1637)年、初代・大倉治右衛門が、城下町として発展し、宿場町・港町としてにぎわっていた伏見で創業。明治38(1905)年、勝利と栄光のシンボル「月桂冠」を酒銘に採用。その直後、清酒メーカー初の酒造研究所を創 […]

▼京都府北西部、日本海側の一帯は丹後地方と呼ばれています。山と海の織り成す風景に一年を通じたくさんの観光客が訪れます。特に「熊野酒造」のある久美浜町は、山陰海岸随一の6km以上に続く白い砂浜と「小天橋」と呼ばれる砂州に仕 […]

【木下酒造有限会社】 ▼日本酒通からビギナーまで、味で評判の高い「木下酒造」。イギリス人のフィリップ・ハーパー氏を杜氏として招いたり、ユニークなデザインのラベルのお酒を投入するなど、新しい話題にも事欠きませんが、根底にあ […]

▼享保11(1726)年に但馬国城崎郡香住(現・兵庫県香住町)で創業。幕末に京都市中心部へ移転し、洛中で最古の歴史を持つ蔵元とされています。伝統技術を守る一方で、最新技術も導入し、時代の進歩と共に酒造りも進歩してきました […]

【株式会社山本本家】▼延宝5(1677)年に、当時の伏見の中心地・油掛で創業し、初代の塩屋源兵衞の名前から代々源兵衞を襲名し、現在11代目になります。創業340年の伝統の技と名水「白菊水」により、食中酒として最適な清酒を […]

▼明治26(1893)年の創業の「佐々木酒造」。当時は洛中*に131もの造り酒屋があり、現在の酒処・伏見よりも活況を呈していました。しかし、現在は洛中に残る蔵はわずかになりました。今回は4代目、代表取締役社長の佐々木晃さ […]